龍水洞ロゴ
各種祈願
《各種祈願》 ご希望の方にのみミニ護符特典が付きます。
商売繁盛、怨敵調伏、不倫成就、合格祈願、夫婦円満、延命祈願、病調伏、子宝授受・・・
etc.

世の中には、ごもっともな願いから、不遜と眉をひそめられがちな願いが多々あります。

どれが良くてどれがいけないか。

それは時代とともに移り変わる人間の道徳感にすぎないのです。
どの願いが最終的に良かったのかは時間の行く末しか分かりません。
龍水洞は願いを神仏様に届ける力に長けています。願いを叶えるタイミングやチャンスをかぎつける力にすぐれ適切な時期を察知します。

一度お試しあれ。

祈願をするまでに至った経緯

日本では祈りの普及は乏しく実際の所、神社等に行って宝くじが当たりますようにとか家族が健康になりますようにといった自分の願望を伝えることが祈りと解釈しているところがある。

しかし、実際のところの祈りとは無常の愛を苦しむ人達や世界の混沌を救うべく不特定多数の人達に発信するのが祈りであると解釈しております。

もちろん個人的な祈りも現実的には存在しております。
闘病生活をしていれば家族が治りますようにと一心に祈る姿はまさにそれでしょう。

私達霊能者は一種の能力といいましょうか(誰にでも兼ね備えていますが特出しているという意味で)念が強い方が多いです。

この念という見えない部分に於いては正常に作動させれば善い成果と言われ、マイナス方向に作動させれば一般に悪い成果が得られると考えられています。

私達はこの職業に就く前は普通の生活をしていました。
ただ、普通と違った点といえば・・・思ったことや願ったことが現実化してしまう位ですね。

そうこうしているウチにお世話になったの人達にも・・・癌になった恩人や余命40歳と言われる知人数えたらキリが無いが色々な恩人に対して治って欲しいと祈りを捧げました。

そりゃもう無心で神仏にすがりました。
これから生まれる子供と母子を医師が助からないでしょうと言った事さえ必死に祈りました。

そうするとどうでしょう。

命が繋がったり、余命を宣告されたにも限らずピンピンと普通に生活している。

新しい生命とその母を助けた時には私達も本当に喜びました。

この世界に反論をする人達からすれば・・・胡散臭い!そんなのたまたまだ!なんて言われるでしょう。批判や非難されるでしょう。

でもそういう人達も・・・神社では願いを伝えたことが無いですか・・・・祈りで助かったと思ったことはないでしょうか?

私達がしてきた実績は紛れもない事実が助かった。本当にその願いは叶ったと祈りが現実を突き動かした結果に基づくことであります。

西洋では・・・全く知らない人に祈りをしてもらった患者さんとそうでない患者さんとで、病気に進捗と治癒の経過を分析した科学者が居ます。
これは日本でも過去の新聞にも記事が出てた事象ですが、祈りをしてもらった患者さんの方が快方にいち早く向かったそうです。

本当の科学者というのは・・・精神レベルで起こる事象を決して否定しません。
日本企業での科学者トップレベルでの知人にも聞きましたが・・・精神世界で起こる現実は当たり前でしょうとのこと。

そういった経緯を踏まえて始めた祈願。

私達は絵に描いた餅でしているのではなく・・・実際に体感したから現在こういった祈願をしております。
人の願いには個人差があり、恋愛から始まり長寿を願う人まで色々あります。

私達はそのような人の願いを成就させる為、必死に祈願します。

大体1回1時間〜2時間程。(どんな祈願をする人でもここまでの時間真剣に祈願するところは今まで聞いたことはありません。だから私達は自信を持って私達がする祈願をおすすめしています。とはいっても押し売りはしたことはありません。必要な人が私達の事を知り龍水洞の門を叩きます)

真剣に祈願します。

その人自身の願いが真剣であればあるほど・・・願いは叶います。
又、より願いが叶い易くする為に祈願後にアドバイスも致します。

基本はメールでしますが・・・・1行のみのアドバイスなんて事はしません。綺麗事ばかり並べてそれじゃ叶いませんよーと薄情な真似はしません。
出来るだけ効率良く、願いを叶えられるようなアドバイスをしています。

2007年 吉日 龍水洞 当主 龍鳳。


龍水洞HOMEへ