FileNo.215

心霊スポット 心霊写真 大阪府 旧生駒トンネル
大阪府。心霊スポット。旧生駒トンネル。
幽霊トンネルとして有名なこのトンネル。トンネルを掘るのに沢山の朝鮮人労働者が駆出されたという。
1913年1月26日15時20分頃、作業中トンネル内で落盤事故が発生。
生駒方面の出口から約700mのところで落盤。朝鮮人労働者が約150人トンネル内に閉じ込めら、何人かが生き埋めになったそうだ。

生駒山と言えば霊山としても有名である。
労働者の多くが白いものが横切ったなどという怪現象を」訴えるが、33ヶ月の工事は完了し1914年4月18日に生駒トンネルが開通する。

開通後もいろいろな事件が発生する。
1946年12月24日9時30分頃トンネル内で停止中の奈良発上六行き急行に
後続の各駅停車上六行きが追突。乗客18名が死亡、53人が負傷。

1947年4月16日14時15分にトンネル火災。
列車の床下から出火し、車両が全焼。乗客28名が死亡、58人が負傷する。

1948年3月31日ブレーキ故障事故。
奈良駅発上六行き急行のブレーキがトンネル内で故障し、
また、スピードオーバーでパンタグラフが破損し完全制御不能。
結局暴走列車となり河内花園駅で先行していた各駅停車に激突。
乗客49名が死亡。282名が負傷。

毎年事故がトンネル内で起こっていた。
結局トンネルはサイズが小さいという事で1964年にこの生駒トンネルは廃止。

しかし、1986年10月1日に近鉄東大阪線が開通し一部トンネル内を共用したため現役に復活。

そして翌年の1987年9月21日トンネル内で火災が発生。
大阪後発生駒行きの電車が立往生。結局1人が死亡、48人が負傷。

まさに人の命を飲むいわくのトンネルと言えよう。今回は取材でもトラブルが発生した。

【変電所】

龍鳳先生「着きましたよ」

褒姒(ほうじ)先生「やれやれ昼間来ると結構な観光地なのにね」

龍鳳先生「文句を言わないで下さい」

褒姒(ほうじ)先生「売店がみんな閉まってるじゃないか(怒)
大きく見るクリック
大変な事になりました
大きく見るクリック
【廃線】

龍鳳先生「この通路を歩いて行くんですね」

褒姒(ほうじ)先生「遠いの?」

龍鳳先生「いやすぐ近くのようですよ」

【旧生駒トンネル】

龍鳳先生「着きました」

褒姒(ほうじ)先生「凄い頑丈に閉じておるね」

龍鳳先生「立ち入り禁止で中に入ると通報装置があるそうです」

褒姒(ほうじ)先生「安心しろ。どうみても入れない」

龍鳳先「スキマから中の写真を撮って終わりですね」

大きく見るクリック
大きく見るクリック
【旧生駒トンネル】

龍鳳先生 スキマから中を覗いて

「わぁ中にも扉がついてますよ」

褒姒(ほうじ)先生「廃トンネルなのになんでそんなに厳重なんだろ」

龍鳳先生「う~ん」

などと話しているのは歩いて5分位しか経っていなかったであろうか。

その時

龍鳳先生誰かきますよ

褒姒(ほうじ)先生「ふ~~ん」

龍鳳先生「ふ~ん、じゃありませんよ警官です

褒姒(ほうじ)先生「別に、ここまでは歩いて良い所だもん。ほっとけば。神社への道もあるし」

そして・・・

警官「何をしてるのですか?」

龍鳳先生「あ、いや」

褒姒(ほうじ)先生「トンネルの中を覗いて見てるんですけど何か?」

警官「トンネルの中は立ち入り禁止ですよ」

褒姒(ほうじ)先生「入ってませんけど。どうみてもここは外ですよ。私の立っているこの場所は歩いてもいい場所なんですか?悪い場所なんですか?」

警官「いい場所です。しかし人が中に入っているという通報が警備会社からありました。身分証を見せて下さい」

龍鳳先生は身分証を見せている。

褒姒(ほうじ)先生「ちょっと待てよ。どうやったらこの中に入れるっちゅうんや!アタシらがこの扉の前に来てからあんたらすぐ来たやないか!出てくる暇もないよ。こんな頑丈な扉、ぶち破るしかないやんか」

警官「でも警備会社から入っていると・・・」

褒姒(ほうじ)先生「だからどうやって入ると言うの!教えてよ」

扉には頑丈な鍵までついている。
扉の高さははるかに4メートルはあるだろうか。上部には有刺鉄線の強力バージョンの人の指程も太さのあるいかにも刺さるとかなり痛い鉄のトゲトゲが外側に向けて突き出ている。更に扉の上部の隙間には30センチもないような狭い隙間だ。登るにしても龍鳳先生は絶対にくぐれない。当然褒姒(ほうじ)先生は運動能力ゼロな訳でこれまた無理。

その内に警官がゾロゾロと沢山集まって来て更に警備会社の人間がトラックに乗って登場した。

警備会社「扉の中に入るとまず警告報が鳴ります」

褒姒(ほうじ)先生「んなもん鳴っとらん!」

警備会社「トンネルの中の監視カメラに人が歩き回る姿とそしてしゃがみこんでいる姿が映っていたので通報しました」

褒姒(ほうじ)先生「あんた、気ぃつけてモノ言いや。それ本当にそうなんだろうね。後で大変なことになるで」

警察「まぁまぁ」

警備会社「ちょっと開けてみます」

警察「トンネルの向こうから歩いて来た可能性はあるのですか?」

褒姒(ほうじ)先生「何で車がそこに止めてあってトンネルの向こうから来るんだ!」

警備会社 扉をあけて
「いえトンネルの第二の扉の向こうに人が立ち入ると電気がつくしくみなのですが点いてませんね」

警備会社「第二の扉も空いてません」

褒姒(ほうじ)先生「だからどうやって空けるんや!爆弾かユンボでも持って来ないとこんな頑丈なの開けられないやんか!それかルパンを呼ぶかだ!登る方法があるなら教えてもらおう。まずあの上のスキマは30センチ位、そして鉄格子の間、20センチも無いやんか!

悪いけど龍鳳先生には絶対にくぐれません。見て下さいこの体型を!

龍鳳先生「褒姒(ほうじ)先生アンタ何を言ってるんですか

警官「そうですねぇ」

龍鳳先生「納得するな!!

警察「警備会社から通報があって私達が来るまでの時間の経過と貴方達がここに来て私達が来るまでの時間が違いすぎるので貴方達ではないと思います」

褒姒(ほうじ)先生「そうでしょ!来る直前にコンビニに寄ってるんだから、入ってるとしたらコンビニにいる時間になるでしょ!」

龍鳳先生が褒姒(ほうじ)先生を背負ってトンネルに入れてまた出すという事は例えすぐ側にドラゴンなどが来てどうしても逃げなければならない状況でも無理な話であった。

また例え龍鳳先生が一人で入るにしても体系的にスキマをどうみてもくぐれないのは誰が見てもハッキリしていた。

警備会社「では誰が」

褒姒(ほうじ)先生「幽霊なんじゃないの

警備会社・警察「・・・・・・・」

褒姒(ほうじ)先生「大体、何でこんな所に大統領官邸のような警備なのよ。もっと治安の悪い所であんた達の力を必要としている区域は沢山あるでしょ。税金を無駄に使わないでよ。」

警官「来る時に誰かとすれ違いませんでしたか?」

褒姒(ほうじ)先生「別に誰かをかばう気もないけど、誰とも会ってないよ。うちらだけ。覗いた時にも中にも誰もいなかったよ」

警備会社 トンネルの中に入って
「足跡と登ったような跡があります」

褒姒(ほうじ)先生「まだそんな事を言ってるのか!靴の鑑定をしてもらおうじゃないか!」

警官「まぁまぁ。これは誤報ですね」

褒姒(ほうじ)先生「民間の警備会社なんか使ってるからこんな事になるんや。あんたらも月に大層な金額を取ってるんやからちゃんとやりや!」

警官 何となく笑いをこらえている。

警備会社「ご迷惑をおかけ致しました」

警官「夜も遅いですから気をつけて帰って下さいね」

そして

龍鳳先生「あんなに怒って話さなくても良かったのでは?おまわりさん達がちょっと可愛そうになりました」

褒姒(ほうじ)先生「お腹が空いてたんよ」

褒姒(ほうじ)先生にとって空腹は第三者の危険となるのであった。

しかし戻ってから写真を見た我々は大変な事を発見した・・・・・・。

警備会社も警察も我々も皆、本当の事を話していたのだった・・・・・。

そう。本当の事を。









心霊スポット 心霊写真 大阪府 旧生駒トンネル2へ
旧生駒トンネル2へ

大阪府へ戻る

心霊スポット 大阪府へ