FileNo.263

心霊スポット 心霊写真 沖縄 チビチリガマ
《 沖縄 本土決戦激戦区最後の地 》

それは心霊スポットと呼ぶにはあまりに悲しい場所である。
肝試しで行くなら止めて頂きたい。彼らの痛みと悲しみに少しでも鎮魂の心を持って訪れて欲しい。
これを読んだ方は忘れないで欲しい。こういう場所もあるのだという事を。
そして忘れないで欲しい。こういう事実があったという事を。
そして二度とそれは起きてはならないという事を。

※チビチリガマ取材はとある理由により一部、立ち入れない場所がありますので、お借りしたお写真を元に総合取材記として記事を書いて行きます。
本来でしたら、記事のリアル性を損なう可能性があるのでお借りした場合でもご本人様にだけお礼を言い、そのまま記事として扱うのですが、ここだけは絶対に立ち入って欲しくないと我々龍水洞も判断致しましたのであえて記載させていただきます。

なお、お写真、記事の中には衝撃的なものも一部ございますので、閲覧の場合はご注意と自己責任にてお願い致します。
大きく見るクリック
【ガマへの道】

龍鳳先生「いよいよガマですね」

褒姒(ほうじ)先生「龍鳳先生の嫌いな
アレか」

龍鳳先生「違います。かえるの事じゃありません。ガマというのは戦時中の自然の洞窟を利用及び掘り進んだ防空壕のようなものです」

褒姒(ほうじ)先生「ガマにガマがいる、と」

龍鳳先生「ふざけないで下さい(怒)

大きく見るクリック
【ガマへの道】

褒姒(ほうじ)先生「ま、そんな事言ってられるのも今のうちだな。気ぃ引き締めて行くよ」

龍鳳先生「えっ?ここはそんなに危険なのですか?」

褒姒(ほうじ)先生「ある意味・・ね。今まで廻って来た所とは桁違いだよ」
大きく見るクリック
【ガマへの道】

龍鳳先生「あの~。あそこに女性がおられるのですが・・・」

褒姒(ほうじ)先生「顔半分だけ出てる人だね」

龍鳳先生「この場所で亡くなられた方ですね」

褒姒(ほうじ)先生「そうだね。当時のままの格好で出ているね」

大きく見るクリック
【チビチリガマ】

龍鳳先生「到着しました。内部は立ち入り禁止だそうです」

褒姒(ほうじ)先生「このガマの中には、まだ遺骨が土の中に眠っているらしいんだ。だから無闇に知らない人が入ると遺骨を踏んでしまう事になるんだよね」

龍鳳先生「東北地方の院内銀山に似ていますね」

褒姒(ほうじ)先生「あそこも山全体がお墓のようなものだったからね」

大きく見るクリック
【チビチリガマ】

龍鳳先生「ご供養はここで行なわれるようですね」

褒姒(ほうじ)先生「しかしオブジェ自体も地獄を現しているようなオブジェだね」

龍鳳先生「相当酷かったようですね」

褒姒(ほうじ)先生「・・・・・・・・・・」


沖縄へ戻る
心霊スポット 沖縄へ
心霊スポット 心霊写真 沖縄 チビチリガマ2へ
チビチリガマ2へ